shutugeki20161119



やあ。
とうとう秋イベント2016・発令!「艦隊作戦第三法」の始まりだね。

僕・そらいろ提督にとっては、今回は2度目のイベント参加になる。
前回も宣言したけど、今回の目標は「完走」。前回は本作戦のみ攻略で終了したけれど、今回は拡張海域まで含めて全て攻略を目指す。

ちなみに難易度は「丙」で。戦力的には、もしかしたら「乙」でもイケるかもしれない。けれど、「参加することに意義がある」がテーマだった前回と異なり、攻略を目標に置いている。なので、安全策で行きたいんだ。

というわけで、前回に比べてソコソコ用意はできている。
Wiki等で情報が出回るまで待つつもりだけど、とりあえずE1にお試し出撃してからの攻略をメモしておこうと思う。


旗艦はもちろん、さざなみちゃん。

sazanami20161119

今回チャレンジするE1 本土近海諸島補給線 海上輸送作戦 では、輸送作戦となる。ボスの完全撃破は不要らしい。
「丙」作戦につきお札制限も気にしなくていい。

ということで、満を持して我らが旗艦・さざなみちゃんが登場☆
で、とりあえず以下のような編成にしてみた。


hensei20161119

ボスを含めて潜水艦隊が多いと聞いたのでさ、道中どんなかよくわからないから、とりあえず対潜装備メインの艦隊を組んでみた。

で、同時に輸送作戦でもあるので、さざなみちゃんおよび「阿武隈」にそちらの装備を満載。具体的には、さざなみちゃんはドラム缶満載。「阿武隈」にはドラム缶と大発動艇×2という塩梅。これで1回の輸送成功につき、55TP減らすことが出来る計算だ。


clear20161119

のちにドラム缶を1つ追加して、輸送量59にした。


ほか、「日向」には瑞雲ガン積み。「瑞鳳」には当初艦戦1・艦攻3。のちに、艦戦がなくても制空が取れることがわかり、艦攻ガン積みに切り替えた。

なお索敵が一定以上ないとボスに行けない(遠回りになる)らしいので索敵も頑張ったけど、この編成で対潜・輸送系装備との両立ならぬ三立はむつかしかったのでパス。それは後述するよ。

とまあ、こんな感じで試しに出撃してみた。


攻略の模様


まずはAマスからの能動分岐。気分でCマスへ。上ルートで進むことに。これは結局、最後まで変わることはなかったなあ。

ついで、Cマスでの水雷戦隊を軽く捻ってFマスへ直進。潜水艦隊をここでも軽く捻る。
そして次のHマスで荷降ろし開始。「丙」作戦では200TP降ろせば完了。上述した装備で、まずは55TP降ろし完了。

ここからが問題。どうやら索敵値が一定以上なら、そのままボスマスであるLマスに行けるらしい。が、ここがどうしてもダメだった。対潜装備を削って電探増やしたり、艦載機を彩雲に切り替えたりもしたけれど、中途半端な数値ではダメらしい。

ということで、Gマス(ボーキサイト獲得)→Iマス(うずしお)を経てJマスへ。ここで、軽空母と駆逐艦メインの機動部隊がお出迎え。ここで制空は瑞雲のみでも航空優勢に持っていけることもあり、撃破に支障なし。

Jマスからはまた、索敵値が要求されるようだ。しかし、H→Lに比べると緩いようで、ここで失敗することはなくボスマスへ。


boss20161119

「丙」作戦では、潜水棲姫と随伴の駆逐艦がお出迎え。通常でこんなもんしか敵が出ない。

何か夏イベントのときの姿が印象的で、この通常時(?)バージョンはつまらないねw


s-shouri20161119

もともと対潜装備に重点を置いていたため、ボス戦は(撃破の必要がないとはいえ)アッサリ完了した。

さあ、あとはこれを繰り返すだけだ。
ちょっとミスったのもあって、5回出撃することになった。けれど、特に大破撤退などはなく順調に攻略が完了してしまったんだ。


お次は防空戦なんだって?


next20161119

まだ情報も出揃っていないし、ちょっとお試しのつもりの出撃だったんだ。
にしても、クリアしてしまったからしょうがない。次に行く準備をしなければ・・・

お次の海域であるE2 本土沖 本土防空戦では、基地航空隊を使うことになるらしい。
相変わらず雷電も飛燕もいないけども、まあ零戦五二型で頑張るよw


hien20161119

それはそうと、「丙」でもE1クリア報酬に飛燕がもらえたんだよね。
局地戦闘機として使えばいいのかな? イメージ的には、大戦末期の防空部隊みたいなノリかな?

ちょうどいいところに、防空用の機材が手に入った。ひとつでも、ないよりはマシでしょ。
あとは零戦でも烈風でも使って何とかするしかないね。


というわけで、2回目のイベント参加。出だしは上々のようだ。
これに慢心せず、次なる海域も攻略を目指していこう。

なお、E2でも旗艦はさざなみちゃん。ここは譲れません。